045-903-7330

〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区
美しが丘2-17-4-103

たまプラーザ駅徒歩4分
平日夜7:30まで診療受付

青葉区たまプラーザ駅近くの歯科。日曜診療しています。患者様一人一人に合わせた歯科診療。ホワイトニングなど。

コラム

MOBILE SITE

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

HOME»  コラム»  コラム»  「妊婦さんの歯科治療に関して」

「妊婦さんの歯科治療に関して」

「妊婦さんの歯科治療に関して」

今回は妊婦さんの歯科治療についてふれていこうと思います。

当院では妊婦さん、産婦さんの歯科検診を推奨している医院です。私が総合病院の歯科に勤務しているとき、よく産婦人科病棟に入院している妊婦さんの治療依頼がありました。依頼内容のほとんどが重度の虫歯による痛み、または歯周病による歯ぐきの腫れといった内容がほとんどでした。妊婦さんのほとんどが、話を伺うと「妊娠中の歯科治療はおなかの子供に影響があるためいけないのかと思っていた。」「つわりがひどく、歯が磨けなかった。」という内容がほとんどでした。

妊婦さんの歯科治療は基本的には問題ありません。しかしお薬などは服用を控えたほうがよいお薬がいくつかあります。また妊娠時期によって積極的におこなう治療とおこなわない治療があります。ただ、虫歯や歯ぐきの腫れなどの痛みによって妊婦さんが体調を崩してしまうようであれば、積極的に治療をおこない、痛みや腫れを取り除き、早く健康な日常生活に戻してあげる事が大事です。

妊娠中に歯ぐきが腫れやすくなるのは女性ホルモンの影響といわれています。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが存在します。プロゲステロンは歯肉の炎症反応を増大させる働きがあります。プロゲステロンの量が増えれば少量の歯の汚れでも歯肉炎が起きやすくなります。

また、エストロゲンというホルモンは歯周病の原因菌を増加させる事が知られています。

また、妊婦の健康管理のリスク要員として喫煙があげられます。1日約20本以上喫煙する妊婦では、非喫煙者に比べ、自然流産の発生率は2倍以上。歯周病になっている妊婦は健康なお口の中の妊婦に比べ37週以前の早産や、2500g以下の低体重児の危険性が7,5倍も高くなるという研究報告があります。この数値を比べてみてもいかに歯周病が喫煙以上にハイリスク要因であるかがわかるとおもいます。

妊娠中に虫歯や歯周病にならないように、妊娠前や妊娠中(安定期が比較的体に負担にならないと思います)または出産後に歯科検診をおこなうことがいかに重要か理解していただけると幸いです。

しかし妊娠中はつわりがあります。つわりによってなかなか歯磨きができない!という方はこのように工夫してみてはいかがでしょうか?

  • うがいを頻繁におこない、口腔内を清潔にする。(胃酸による歯の影響を防ぐ)できれば洗口剤を使用してみる
  • うがいのできない人は、氷をお口に含む
  • 歯磨き粉を使用しないで歯磨きをおこなう(歯磨き粉の使用が出来るようであればフッ素入りのものを使用する)
    歯ブラシのヘッド(ブラシの付いているほう)の小さいものを使う。
  • キシリトールガムを噛む

お口の中を健康な状態に維持して元気な赤ちゃんを迎えてあげましょう!!

妊娠中、歯科治療でわからない事、不安な事がありましたらお気軽にお声をおかけください。

2014-10-23 19:50:09

コラム

 
ページの先頭に戻る