045-903-7330

〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区
美しが丘2-17-4-103

たまプラーザ駅徒歩4分
平日夜7:30まで診療受付

青葉区たまプラーザ駅近くの歯科。日曜診療しています。患者様一人一人に合わせた歯科診療。ホワイトニングなど。

コラム

MOBILE SITE

上記QRコードよりモバイル専用ページがご覧いただけます。

HOME»  コラム»  コラム»  「セラミックとプラスチックの違い」

「セラミックとプラスチックの違い」

「セラミックとプラスチックの違い」

歯にかぶせ物をするとき、(特に前歯ですが)セラミックのかぶせ物と保険のプラスチックのかぶせ物とどちらになさいますか?ときかれる事はよくあると思います。
セラミックとプラスチックのどこに大きな違いがあるのでしょうか?
セラミックはせとものと同じで、高温でセラミックの粉を焼いて金属のフレームに焼き付けていくメタルボンドと呼ばれるものと、セラミックのコア材と呼ばれる白いフレームにセラミックを焼き付けていくオールセラミックスと呼ばれるかぶせ物があります。

セラミックの短所としてセラミックのかぶせ物はセラミックの材料自体を盛る厚みを確保されていないと割れてしまう事がありますので、噛み込みの非常に強いところ、歯の長さが非常に低いケース、歯ぎしりがある患者さん等、症例によっては避けたほうがよいケースもあります。

セラミックの優れているところは変色をしないという事です。プラスチックのかぶせ物は装着して年数が経過すると、お口の中の水分を吸収して変色してきます。セラミックは水分を吸収するということがないため、お口の中でも色調が変化する事が無く、安定した状態を維持する事が可能です。 また、天然歯特有の透明感を再現するのは、プラスチックはかなり困難ですが、セラミックは高温で焼くため、ガラスのような透明感を再現する事が可能です。前歯の先端の透明感を再現するのはプラスチックでは不可能です。

また、オールセラミックシステムは金属を一切使用していないため金属アレルギーなどの心配がありません。また、メタルボンドもフレームに使用している金属は、保険で使用している金属と比較して、不純物が非常に少なく、金属アレルギーのリスクが格段に低くなります。海外の貴金属メーカーは、当社の金属はお口の中で金属アレルギーを起こすリスクが非常に少ないという研究報告を文書に表示して、使用しているクリニックに掲示をしています。日本でもこういった動きが最近盛んになってきています。自分のお口に入っている金属が安全性の高いものが使用されていれば安心ですよね。保険と保険外とでは使用している材料から違いがあるのです。

当クリニックでも採用しているジルコニアセラミックですが、強度が非常に強く、新しい審美的材料として注目されている材料です。ジルコニアは生物学的適合性がチタンと同じレベルにあり、また硬いだけではなく、曲げ強度も非常に強く、人工関節、スペースシャトルの外壁などにも使用されています。

保険外のかぶせ物は審美的(見た目の美しさ)、使用されている材料から違いがあり、より安全であるという事、作製のために特殊な技術を要する事、そのために保険のかぶせ物と違って料金がかかってしまうのです。
しかし、生体親和性が良く、お口の中、体に非常に価値のあるものであると認識していただけると幸いです。

2014-10-23 19:56:58

コラム

 
ページの先頭に戻る